×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コラム一覧»  【北海道】ほたてと麹に含まれる栄養素とは?おいしいおかずはこいた工房

【北海道】ほたてと麹に含まれる栄養素とは?おいしいおかずはこいた工房

北海道のほたてに含まれる栄養素

北海道はほたての漁獲量トップを誇っており、広いエリアで養殖が行われています。なかでも、駒ヶ岳や有珠山などの火山に囲まれた噴火湾のそばにある鹿部町は、安定した海水温と周囲の山々から流れ込む豊富な栄養によって、湾内でほたての養殖が盛んです。

こいた工房では、鹿部町の近海で水揚げされた新鮮なほたてをたっぷりと使った「ほたてみそ」をはじめとする、お惣菜(おかず)の製造・販売を行っています。こちらでは、原材料のほたてと麹の栄養素についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

おいしいほたてには栄養が豊富!ほたてに含まれる栄養素

お皿に並べたほたて

クセがなくあっさりとした味わいでありながらも旨味成分がぎゅっと詰まったほたては、小さなお子様からご年配の方まで幅広い年代の方々に愛されている食材です。そんなほたてには、ビタミンB群やタウリン、ミネラルなど非常に多くの栄養素が入っています。

他の食材との栄養素の違い

タウリン

貝類やイカ、タコなどの軟体動物に多く含まれているタウリンは、栄養ドリンクの成分として知られています。

成人男性が1日あたり必要な摂取量は520mgといわれていますが、タコなら60g、イカだと70gも食べる必要があるのです。また、同じ貝類であるアサリで摂取する場合は20個以上、豚肉や牛肉で摂取する場合は1,600gも食べなくてはなりません。

しかし、ほたてには100gあたり1006mgのタウリンが含まれているため、大1個・小2個で1日あたりの必要摂取量を補うことができます。タウリンは水に溶けだしてしまう性質があるため、刺身や煮汁ごと食べられる料理にするのがおすすめです。

鉄分

鉄分が摂取できる食材として有名なのがほうれん草やプルーンです。しかし、ほうれん草100gあたりの鉄分含有量は2.0mg、プルーンは1.0mgといわれています。ほたては100gあたり2.2mgなので、ほたての方が鉄分の含有量は多いことがわかります。

特に女性は鉄分が不足しやすいため、ほたてを積極的に食事に取り入れるとよいでしょう。

カロリー

ほたては非常にカロリーが低い食材で、100gあたり72kcalです。お肉類と比べると、牛バラ肉は100gあたり371kcal、比較的低カロリーとして知られている鶏もも肉でも100gあたり200kcalなので、ほたては非常にカロリーが低いことがわかります。

調理方法で摂取できる栄養素は変わる?

ほたては生のまま食べるのはもちろん、バター焼きやボイル、お寿司、カルパッチョなど、様々な料理に使われています。調理方法によって摂取できる栄養素の量が変わるため、効率的に摂取したいと考えている方は注意が必要です。

  カロリー タンパク質 亜鉛 ビタミンB12
生ほたて 72kcal 13.5g 2.7mg 11.4μg
ボイル 100kcal 17.6g 3.1mg 18.0μg
干し貝柱 322kcal 65.7g 6.1mg 5.2μg

上記の表からもわかるように、カロリーは生ほたてがもっとも低いですが、ボイルすることでタンパク質や亜鉛、ビタミンB12などの栄養素がアップします。しかし、干し貝柱など加工すると一気にカロリーが上がり、その他栄養素は少なくなる傾向にあるのです。

ほたてに含まれる栄養素を効率的に摂取するなら、生またはボイルにして食べるのがおすすめです。栄養素よりも旨味を楽しみたいという方は、干し貝柱をはじめとする加工タイプのほたてがよいでしょう。

ほたての旨味を凝縮したおいしいおかずをお探しなら、こいた工房で販売している「ほたてみそ」や「つぶ煮」をお選びください。鹿部町の近海で水揚げされたほたてに米麹をなじませて、醤油とザラメでじっくり煮込んだ「ほたてみそ」は、ごはんや野菜の味付けにぴったりです。

同じく鹿部町の近海で水揚げされたつぶ貝を圧力鍋でじっくりと煮込んだ「つぶ煮」にも、凝縮したほたての旨味が詰まっています。遠方にお住まいの方はぜひお取り寄せでご堪能ください。

お好きなおかずに入れるのもおすすめ!麹の栄養素

麹の栄養素について

近年、健康を意識している方から注目を集めている麹は、米や大豆、麦などの穀物を麴菌で発酵させたものです。麹を使った身近な食材には、醤油や味噌、甘酒などがあります。

栄養吸収や消化のサポート

麹にはアミラーゼやリパーゼ、プロテアーゼなどの酵素が30種類以上含まれています。酵素は、食事などで摂取した栄養を分解・運搬・合成・排出するうえで欠かせない成分です。

ミネラルやビタミン、タンパク質などの栄養素をどれだけ摂取したとしても、これらの栄養素を分解から排出まで行う酵素が不足していると、それぞれの栄養素がしっかりと機能しません。本来、酵素は体内で作りだすことができるのですが、栄養バランスが乱れがちな方は不足しがちです。熱に弱く加齢によって酵素を作り出す力は衰えてくるので、食事などで効率的に摂取することが大切です。

腸内環境を整える

麹に含まれる酵素はオリゴ糖を生み出す力があります。オリゴ糖は腸内にいる善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあるのです。腸内環境の乱れは、肌荒れや生活習慣病、アレルギー症状を引き起こすことがあるため、積極的に腸内環境を整えていくことが大切です。

疲れた身体を癒す

麹には疲れた身体を癒す働きがあるビタミンB群やミネラルも豊富に含まれています。どちらも健康維持には欠かせない成分ですが、常に消費され続けるため継続して摂取する必要があります。現代人の食生活はビタミンやミネラルが不足しがちなので、毎日の食事で積極的に取り入れるのがおすすめです。

美容面のサポート

麹は美容に気を遣っている方にも注目されています。麹に含まれるビタミン類やビオチン、必須アミノ酸は美しい身体づくりに欠かせない栄養素です。健康的な美しさを維持したい方は、積極的に麹を取り入れましょう。

ほたて×麹で元気な身体を!おいしい「ほたてみそ」はこいた工房

ほたてと麹はどちらもたくさんの栄養素を含んだ食材です。なかでも麹は近年注目を集めている食材の一つですが、使い方や食べ方がいまいちわからない…という方もいらっしゃるでしょう。

そこでこいた工房では、栄養が豊富なほたてと麹を組み合わせた万能調味料「ほたてみそ」を販売しております。鹿部町の近海で水揚げされた新鮮なほたてに米麹をなじませて、醤油とザラメでじっくりと煮込みました。おにぎりの具としてはもちろん、焼きおにぎりや生野菜の味付けにもおすすめです。

ぜひこいた工房の「ほたてみそ」で、ほたてと麹の旨味をご堪能ください。

北海道のほたて・つぶ貝に関するコラム

北海道の名産・ほたての万能調味料をお探しなら、こいた工房の「ほたてみそ」

店舗名 こいた工房
販売業者 株式会社こいた工房
販売責任者 小板 良次
住所 〒041-1402 北海道茅部郡鹿部町鹿部18−1
※道の駅 しかべ間歇泉公園内にございます。
TEL 090-9521-5211
メールアドレス info@koita-koubou.com
営業時間 8:30~18:00
定休日 不定休
※道の駅 しかべ間歇泉公園に準ずる。
取扱商品 お惣菜・調味料
ホームページ https://www.koita-koubou.com/

アクセスマップ

JR「鹿部駅」より車で10分
駐車場 : 有り(乗用車 : 45台/大型車 : 6台/身体障害者用 : 3台)
※道の駅 しかべ間歇泉公園の駐車場です。